概要

少子高齢化の加速や新型コロナウイルス感染症の蔓延により、患者が増加し、病院の駐車場が不足する問題が発生しています。

病院の駐車場が不足すると、患者が来院できず、治療が受けられないケースが発生します。

また駐車場所がないことで、近隣の駐車場に無断駐車し、トラブルが発生する場合もあるのです。

さらには予約した時間に間に合わず、患者の満足度が下がり、病院の収益低下が起こる可能性もあるでしょう。

 

そこで今回は、病院における駐車場不足問題の解決方法を解説します。

駐車場不足によって起こり得る問題についても言及しています。

駐車場不足で困っている病院関係者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

病院における駐車場不足問題によって何が起きる?

病院の駐車場不足により、患者だけでなく病院にも不利益が生じます。

駐車場不足が起きている医療機関の方は、ぜひ対策してください。

 

【病院の駐車場不足問題①】患者の待ち時間が増える

病院の駐車場不足により、患者が駐車する時間が余計にかかります。

そのため、患者が予約時間に間に合わない事態が起き、診療が押して患者の待ち時間が増えてしまうのです。

結果、患者の待ち時間が増えることで待合室が3密になり、院内感染率も上がるでしょう。

 

【病院の駐車場不足問題②】病院の収益が下がる

駐車場不足により、患者の満足度は下がります。

実際に、病院に対して患者が駐車場不足問題に関するクレームを出すこともあるのです。

患者の満足度が下がれば、他院に患者が移り、病院の収益低下につながってしまうでしょう。

 

【病院の駐車場不足問題③】近隣で交通渋滞が発生する

病院の駐車場が不足すると、患者が近隣で駐車スペースを探すことになり、近隣で交通渋滞が起こり得ます。

交通渋滞が起こると、救急搬送や搬入時に影響が出てしまい、診療に支障をきたすでしょう。

【病院における駐車場不足問題の解決方法】病院ができることとは?

駐車場不足問題を解決するために、病院ができることをまとめました。

駐車場スペースがなかなか確保できない病院の方はぜひ参考にしてみてください。

 

【病院ができる駐車場不足問題の解決方法①】駐車場を増設する

1番の解決策になります。駐車場を増設することで、なかなか車が停められない患者のお困りが解決できるでしょう。

現在は、敷地内の駐車場を増設したり、コインパーキングを増設したりといった方法があります。

設備投資に余裕がある病院であれば、選択できる解決方法になるでしょう。

一方で、予算がなかなか捻出できない病院であれば、設備投資は難しくなります。

 

【病院ができる駐車場不足問題の解決方法②】臨時で駐車場を確保する

たとえば、患者が多くなりがちな午前中の時間だけ、病院スタッフ専用の駐車場を開放するといった方法も良いでしょう。

 

一般の患者に加え、急患の患者が治療を受ける際にも有効になります。

万が一に備え、対応できる体制をとっておくことをおすすめします。

 

【病院ができる駐車場不足問題の解決方法③】訪問診療を行う

駐車場不足が原因で患者の受け入れが難しい場合は、訪問診療を行いましょう。

自宅から動けない患者を含めて確実に診療が行えます。

患者が通院する負担がなくなる意味で、患者に貢献できる取り組みと言えるでしょう。

 

【病院ができる駐車場不足問題の解決方法④】患者に協力いただく

患者に対し、公共交通機関の利用や家族に送迎してもらうことをお願いするのも解決方法の1つです。また、患者によってはタクシーを利用したり、駐車場予約システムを利用したりして来院する方もいます。これらの手段をお願いするのも良いでしょう。

 

いずれの方法においても、患者に無理のない範囲で協力を依頼する必要があります。

患者と話し合った上で、患者が納得する方法を選んでもらうようにしましょう。

 

【病院ができる駐車場不足問題の解決方法⑤】病院の滞在時間を短くする

病院の滞在時間を短縮することで、駐車時間の短縮につながるため、駐車場不足問題が解決できます。

滞在時間を短縮するために有効なのが、WEB問診システムを活用することです。

患者が来院前に問診作成が可能になるため、来院してから問診票を作成する手間と時間がなくなります。これにより患者がスムーズに受診できるようになるのです。

記載した内容はカルテにも連携されるため、カルテ上での二重転記がなくなり、よりスムーズな診療へとつながります

また、患者の待ち時間軽減にもつながるため、院内感染のリスクを低減する効果も見込めるでしょう。気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

こちらは編集部おすすめのWEB問診システムです。上記の内容に加え、外国語対応まで完備しているのが特徴です。

 

まとめ

今回は、病院における駐車場不足問題の解決方法を解説しました。

駐車場不足が起きると、患者の早期治療が行えず、患者の満足度が下がります。

これにより、病院の収益低下につながる可能性があるでしょう。

また、待合室の患者が増えることで院内感染率が上がったり、近隣で交通渋滞が発生したりします。

解決策としては、駐車場を増設することです。敷地内の駐車場を増設したり、コインパーキングを増設したりといった方法があります。

また、病院の医師が訪問診療を行うことで解決できる部分もあるでしょう。

患者に対し、公共交通機関の利用や家族に送迎してもらうことをお願いするのも解決方法の1つです。

また、患者の病院滞在時間を減らすためのツールを導入することも効果的でしょう。

たとえばWEB問診システムを導入することで、患者が来院前に問診作成が可能になります。

これにより、来院してから問診票を作成する手間と時間がなくなります。

結果、患者がスムーズに受診できるようになるのです。

駐車場不足でお悩みの病院関係者の方はぜひ参考にしていただき、取り入れてみると良いでしょう。